画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー
大阪の肛門科松崎智彦診療所メディカルレポート > 医食同源とマクロビオティック

メディカルレポート

医食同源とマクロビオティック

医食同源とマクロビオティック

 

医食同源

医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方です。誤解されている方が多いのですが、これは日本独自の考え方です。

1972年、NHKの料理番組において、臨床医・新居裕久先生がはじめて用いられました。これは健康長寿と食事について説明する際に、中国に古くからある薬食同源の思想を紹介するとき、薬では化学薬品と誤解されるので、薬を医に変え医食同源を造語したものであると新居先生は述懐しておられます。

 

その後、健康ブームなどにより、世の中に広く受け入れられる過程で、中国医学における「肝臓を食べると肝臓に効く」・「脳を食べると脳にいい」・「心臓を食べると心臓によい」といった様な過激な思想が排除され、中国の「薬食同源」の思想とは違った「医食同源」という日本独自の思想が形成されました。

ちなみに『広辞苑』では第三版には無く、1991年の第四版から収載されてました。また、近年では「医食同源」という言葉および考え方が、中国へも逆輸入されています。

 

マクロビオティックについて

世界の著名人やスーパーモデルたちが、健康と美容のために注目し、実践していることで世界的に普及している有名に「マクロビオティック」(Macrobiotic)ですが、実は発祥の地は日本で、日本の伝統食をベースにした食養生法です。日本では「正食」などと呼ばれていました。

 

「マクロビオティック」(=フランス語。英語では「マクロバイオティックス」)という言葉は、古代ギリシャ語「マクロビオス」を語源にしており、「健康による長寿」「偉大な生命」などといった意味で、MACRO(大きな)・BIO(生命の)・TIQUE(技術)をつなげて、「生命を大きな観点から捕らえた健康法」という意味になります。

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー