画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー

メディカルレポート

肥満症治療と漢方薬

肥満症治療と漢方薬

 

肥満とは体内に脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。現代医学では通常、身長より割り出される標準体重よりも20%の体重の超過が認められる場合を肥満と定義しています。したがって、体脂肪率の低い、筋骨隆々のアスリートであっても、標準体重より20%以上体重があれば、肥満と定義されます。逆に体脂肪率の著しく高い女性であっても標準体重よりも20%以下の超過であれば、肥満とは定義されません。

これは現代医学の落とし穴の一つです。

 

若いのに階段を昇り降りしただけで息の上がる人は、体内に脂肪が過剰に蓄積していることが多いのですが、みなさんはどう思われますか? ところで、肥満には症候性肥満と単純性肥満があります。前者は甲状腺・副甲状腺の機能異常や薬剤性あるいは腫瘍によるものです。これらは現代医学の治療が得意とする分野です。後者は原因がはっきりとしていません。そして、肥満の約90%が単純性肥満であるといわれています。そして、

 

現在医学でも漢方でも 単純性肥満を治す薬剤はありません。

 

単純性肥満というのはエネルギーの出入りにおいて入る方が多い状態が続いた結果、生じます。ですから食事療法によって入るエネルギーを抑え、かつ運動療法によって出ていくエネルギーを増やすことが治療の基本となります。

漢方は肥満症に対して、有効なのでしょうか?

昔の書物を見る限りでは、はっきりしません。そもそも昔は食料が不足がちであったので、単純性肥満があまり問題にはなりませんでした。

ただ、わたしは単純性肥満の特効薬がない現状では、治療にあたって、食欲を抑えたり、空腹感を緩和したり、便秘を解消したりすることが大切だと考えます。そういうことは漢方の得意分野でもあります。

 

たとえば、食欲を抑える「防風通聖散」や「大柴胡湯」、空腹感を緩和する「八味地黄丸」や「潤腸湯」、便秘の解消には「大黄甘草湯」があげられます。精神的ストレスから過食が起こっているのであれば「加味逍遥散」も効果があります。

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー