画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー
大阪の肛門科松崎智彦診療所メディカルレポート > 漢方医学の基本思想 「易」について

メディカルレポート

漢方医学の基本思想 「易」について

漢方医学の基本思想 「易」について

 

先にも述べたように、中国には伝説の三皇がいます。『神農本草経』に出てくる神農、『黄帝内経』の黄帝と伏羲(ふっき)の三人です。(黄帝ではない、違う人物を入れている説もあります)

陰陽五行論および、この思想を基礎にしている漢方医学を語るうえで伏羲は避けて通れません。彼も神話的人物ですが、『易(えき)経(きょう)』は彼が記したとされているからです。

『易経』と聞くと、みなさんは

「なんだ、占いか」

と思われるかもしれません。

 

それは誤解です。

 

『易経』は四書五経の筆頭にあげられる、儒教の経典であり、中国では「君子のための書物」とされています。

『易』は

「宇宙万物は、すべて陰陽より成り立ち、無窮(むきゅう)に変化する」

という原理をもとに展開する学問です。

つまり、陰陽のバランスが変化することで一切を説くということです。逆にいうと、宇宙も人(人生・健康)も、すべては陰と陽で説明および予測可能である。すなわち、人も国家も宇宙の法則に従えば栄え、逆らえば滅びるということです。また

「『易』は広大にして無辺、悉(ことごと)く備わる」

と言われており、『易』は東洋において、哲学、科学全般の基礎、根本原理とされてきました。

『易』は自然の成り立ちを解く自然科学であり、人の生き方を考える哲学でもあります。そこから暦・方術(ほうじゅつ)(医学)・十二支・風水・占いなどが派生しました。

『易』は「身土不二」を原則としています。

「身土不二」とは

 

「人は自然の一部であり、環境の産物である」

 

ということです。自然環境の産物である人間はそれに適応するとき、生を全うし、反対にそれに逆らう時に滅びるのです。ここでいう適応とは環境に自らの陰陽の調和をはかるということを意味します。

そして

「万病の原因は、例外なく陰または陽の過剰であり、ゆえに万病の治療は過剰を取り除くか、中和することであり、万病の診断は局所にとらわれることなく、根本原因が陰または陽のいずれの過剰であるのかを決定することである」

 

と、されています。

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー