画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー

メディカルレポート

小児の肛門疾患

子供さんも「痔」になります。乳児期では痔ろうが幼児期では裂肛が多いこと、さらに乳児痔ろうは約9割が男の子なのも特徴の一つです。なぜ、男の子に多いのかは、現在のところ不明です。

ただ、子供さんの痔は下痢や便秘が原因のことがほとんどですので、普段から、親御さんはお子さんの便および便通に気を配るようにしてあげて下さい。

 

また、治療の原則として、大人の肛門になるまで(二次性徴が終わるまでは)極力、筋肉層にメスを入れることはしません。ですから、乳児期の痔ろうの治療では、お母さんの日々の消毒および薬剤塗布と指による排膿マッサージが非常に大切になってきますし、幼児期の裂肛では食事を含めた、便通のコントロールが重要になります。

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー