画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー

メディカルレポート

「裂肛」について

便秘などで便がかた過ぎたり、あるいは逆に下痢などで便がやわらか過ぎたりすると、肛門に過剰な圧力がかかるために肛門付近が切れたり裂けたりします。こうなると、排便時に激しい痛みが走り、排便後も鈍い痛みが続きます(図2-2)。

 

 

これを急性裂肛(単純性裂肛)といいます。この段階では皮膚の再生能力が残っているため、肛門周囲を清潔にし、軟膏の塗布を行えば、たいてい治ります。

しかし医者に行かずに放置すると、痛みのために排便を我慢して便秘になり、さらに症状を悪化させるという悪循環に陥り、急性裂肛を何度も何度も繰り返すことになります。こうなると、急性裂肛は亜急性になり、ついには傷が固定化してしまい、慢性裂肛になります。慢性裂肛は急性裂肛よりも治癒するまでに日数を要します。さらに放置すると、イボやポリープを形成します。さらに、排便のたびに肛門に痛みが生じるために内肛門括約筋がけいれんするようになり、やがて肛門(こうもん)狭窄(きょうさく)をともなう慢性(まんせい)潰瘍性裂肛(かいようせいれっこう)へと進行するのです。慢性潰瘍性裂肛は手術が必要です。また、裂肛を放置すると先の?痔核の中で述べた肛門のクッション部分に負荷をかけ、痔核を合併しやすくなるともいわれています。

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー