画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー

メディカルレポート

肛門のはたらき

肛門のはたらきは、なんといっても便とおならを出すことです。人間は他の動物と違って、排便やおならを調節する必要に迫られています。そしてこれらのコントロール機能は幼児期にほぼ完成します。完成したからこそ、わたしもみなさんも、オムツがとれたわけです。

排便のコントロールには大腸から送られてきた便を一時的に貯留する機能と便が漏れないように肛門を閉鎖する機能、さらに便を排泄する機能の三つが必要となります。これらのうちのどれか一つでもはたらきが悪くなると、便漏れや排便困難などの障害が起こります。たとえば、外傷や肛門の手術で肛門上皮が大きく欠損した場合や加齢的変化で感覚低下や肛門狭窄が生じた場合、あるいは交通事故やスポーツなどで神経を損傷した場合には肛門のはたらきは悪くなります。

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー