画像
  • 大阪の肛門科松崎智彦診療所
  • ご挨拶
  • 診療所のご紹介
  • 治療について
  • メディカルレポート
メニュー

メディカルレポート

便秘を予防する10ヵ条

便秘を防ぐには次の10項目が特に重要です。

1. 洋食より和食を中心にしよう

 和食は洋食にくらべて、食物繊維(根菜類、豆類、海藻など)が多く含まれています。

2. 生野菜よりゆで野菜を食べよう

 おひたしやソテーなど野菜を加熱するとボリュームが減るため、生野菜で食べる場合にくらべ、食物繊維  を多く摂ることができます。

3. 主食をアレンジしよう

 ごはんをひじきごはんやかやくごはんに、あるいはパンをライ麦パンにすることで食物繊維の摂取量を増  やすことができます。

4. 乾物を多く摂りましよう

 ひじき、海藻あるいは切り干し大根には食物繊維が多く含まれています。

5. 芋類を食べましょう

 芋類は一回に食べる量も多く、また主食、副食、おやつ等いろいろな摂取法があり、食物繊維の供給の  観点からすぐれた食材といえます。

6. 豆類を食べましょう

 食物繊維だけでなく、良質のたんぱく質も含む豆類は、和洋中いずれの調理にも適した食材です。

7. きのこ類や海藻を食べましょう

 きのこ類や海藻は食物繊維のかたまりであり、またカロリーがほとんどないため多く摂っても安心できる  食材です。

8. 茎や皮も無駄なく食べましょう

 食物の皮や茎には食物繊維が多く含まれています。無駄のない調理法を工夫して、摂取するようにしま  しょう。

9. 食事は1日3食しっかりと食べましょう

 食物繊維の目標摂取量は1日20gといわれています。3食きっちり食べるようにしましょう。

10. 十分に水分を摂りましょう

 便秘の予防には食物繊維のほかに水分をとることも大切です。最低でも1000mlから1500mlの水分をとる ようにしましょう。

 

  • ※食物繊維の摂取についての注意点

便秘を予防するには食物繊維を摂取することが大切です。ただし腸の手術をした方や大腸ポリープを摘出した直後の方は食物繊維の過剰な摂取は腸に負担をかけますので、主治医によく相談してください。

  • ※水分の摂取についての注意点

便秘を予防するには十分な水分を摂取することが大切です。ただし心臓疾患、内分泌疾患などの方は、主治医によく相談してください。 

著書『痔と漢方薬』の紹介 amazonへのリンクボタン

当院の内科・肛門科は全て保険適用です。

求人用番号は06-6567-2451

大阪市内で内科・肛門科を診療している松崎智彦診療所では、医療事務・受付・ナースを募集しております。

プライバシーに配慮した立地

アクセス詳細へ

地下鉄千日前線桜川駅7番出口すぐ

肛門科(痔治療)のプライバシーに関わる病気は、街中や人通りの多い通りなどは人目が気になってしまいます。当診療所では、桜川駅7番出口すぐのビル2階で患者様をお迎えしております。

松崎智彦診療所情報

診療科目:肛門科・内科
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川2丁目2-31
ザクロコーポレーションビル2階

診療時間表

午前診療  10:00 − 13:00

午後診療  15:30 − 19:30

休診日:日曜日、祝祭日
※受付時間は終了30分前まで
※土曜日のみ診療時間18:00まで

予約フォームボタン 電話は06-6567-2451、faxは06-6567-2452 ごんた屋リンクバナー ウェビダー支援バナー